個人再生に必要な費用の目安とは?|個人再生の基礎を徹底解説

個人再生に必要な費用の目安とは?|個人再生の基礎を徹底解説

個人再生に必要な費用の目安とは?|個人再生の基礎を徹底解説

貸金業者からお金を借入れするという行為は同時に、期日通りに利息を加えた金額を返済して行くという義務を課せられる事でもあります。そのため借入れする際は、自分の収入で無理なく返済して行ける金額に抑える必要があるのです。ですが、いきなり会社が倒産したり、給料がカットされる等して、悪い意味で人生に変化が起きる場合があります。その結果、収入が激減して、返済計画に狂いが生じてしまい、返済困難に陥ってしまうのです。
そういった時に、借金問題の解決策の一つとして数えられるのが、個人再生という方法です。個人再生は、自己破産の様に綺麗に借金を消してくれる訳ではなかったりします。ですが上手く行けば、5分の1程に減らしてくれるので、任意整理よりも借入金を大きく減らす事が出来る方法です。しかも自己破産とは違い、家や車といった財産を所有し続ける可能である上に、就業制限といった事もありません。
そんな個人再生ですが、行うとなるとそれなりに費用が必要になります。個人再生の平均的な費用としては、まずは申し立て手数料という形で、1万円程の収入印紙が必要です。更に官報掲載費用が、1万円から2万円程が平均的に必要であり、そこに更に書類をやり取りするための郵便切手費用が2千円程度必要になります。
更にそれらに加え、もしも代理人である弁護士を立てていない場合、煩雑な手続をサポートするために個人再生委員が専任される場合があり、平均で20万円前後です。そして弁護士を雇う場合は、平均で40万円程、費用が掛かる事になります。