個人再生のデメリット【失敗しないために知っておきたい情報まとめ】

個人再生のデメリット【失敗しないために知っておきたい情報まとめ】

個人再生のデメリット【失敗しないために知っておきたい情報まとめ】

個人再生には減額した債務の返済義務が残るデメリットがあります。財産を残しながら債務を大幅に減額できますが、原則として3年間で返済する計画を立て、それが認められなければ利用できません。そのため、返済能力がないと判断されると手続きを行っても失敗し、自己破産することになります。
個人再生は債務が5000万円以下でなければならないという制限があることもデメリットです。ただし、これには住宅ローンは含まれません。一般的な人はあまり気にする必要がありませんが、個人事業者は注意が必要です。
個人再生を行うと個人信用情報機関に事故情報として登録されることもデメリットになります。この記録があると、クレジットカードやローンの利用が難しくなります。しかし、これは個人再生すると一生利用が難しくなるものではありません。記録されている期間は最長で10年であり、その期間が過ぎれば追跡できなくなります。ただし、債務整理を行った金融機関はその情報を残しているため、個人信用情報機関から削除されても審査に落ちます。
個人再生では整理対象となる債務が全てであることもデメリットになります。これは連帯保証人の付いている債務がある場合に深刻な影響を及ぼします。連帯保証人は自分が保証している債務について減額された金額を弁済する義務があり、これにより多大な迷惑をかけます。そのため、保証人の付いている債務がある場合、任意整理などの債務を選択できる方法で対応できないか検討が必要です。