個人再生とは?|個人再生について基本から分かりやすく解説します

個人再生とは?|個人再生について基本から分かりやすく解説します

個人再生とは?|個人再生について基本から分かりやすく解説します

自己破産では住宅や車などの高額な財産は処分の対象となります。
しかし、個人再生ではマイホームを残すこともでき、車も処分せずに済むことがあります。
個人再生とは借金の返済が困難であることを裁判所に申し立て、住宅ローン以外の借金を最低弁済額100万円から、約5分の1から10分の1まで借金の総額を減らす方法です。
つまり、個人再生とはマイホームを手放すことなく、ある程度の財産を守ることもできる債務整理でもあるのです。
ただし、条件もあります。
住宅ローン以外の借金が5000万円以下であること、返済できる収入が将来にわたり継続的に得られることです。
先の5分の1から10分の1という減額幅も、債務の総額や借入日、金融会社などによっても変わってきます。
また、個人再生とは裁判所に通す債務整理なので、再生計画を認めてもらう必要があります。
そこには金融会社の債権者の言い分もあり、計画案を立てるまでのやりとりも時間がかかることがあります。
減額後の支払い期間は3年が目安です。
5年間の長期弁済も可能ですが、特別な事由も必要となるため3年内での返済が目安になります。
依頼先としては弁護士が最適であり、個人再生に実績のあるところを選択することをおすすめします。
任意整理と比べれば減額幅も大きいのですが、債権者の意見も含めて再生計画案をつくっていきますので難易度も高い債務整理です。
それでもマイホームがある方にとっては個人再生は借金問題の解決の有力な方法です。